« 夏(休み)が来たぁ~!〈清里編〉 | トップページ | 御対面~♪in 朝霧高原 »

2008年9月 5日 (金)

我が家流 総裁選…

最近 仲睦まじく過ごしていた2ワンだが…

(旅行後 毎日恒例だった夕食前後の激しい引っ張り合いっこもせずに~happy01

この暑い中 わざわざ狭い所で密集して寝ていたり~

2008_09050002

この俺がしゅんちゃんの腕枕せねば~heart04

2008_08220001

一緒はいいねぇ~note(お互い半目なのがコワイが…)

お散歩も並んで歩いたり~

2008_09050010

普段は各自行きたい方向へ ふ~らふら なので私としては嬉しいかぎりlovely

今まで2ワンの中での総裁は「しゅん」

あの暴れん坊野生児(ふくる)もしゅんに唸られると

スゴスゴ身を引いていたのだが~

ふくるが2歳になったあたりからなんとなく形勢がふくる有利になって

来たような感じがあるのは薄々気づいていた…

まず~

去勢しているしゅんと未去勢のふくるとの体格差が顕著になってきたこと。

おまけにふくるの異常な体力run

そして色んな知識も身についてきて自信がついてきたのかも!?

(悲しい事に自分に都合がいい知識だけだが…)

そんな下克上を狙うふくるthink

常にしゅんがリラックスしている時に 引っ張りっこで自分の力を

見せつけたいらしく 手当たりしだい敷いてあるマットやら毛布やら

タオル等持って来て しゅんの顔の目の前に差出て「ほ~れほれ!!」と

憎々しくお誘いsmile

無駄な争いは出来るだけ避けたいしゅんは最初はじっとガマンbearing

(自分の方が体力が無いことを十分承知しているからだと思うが~)

だがあまりのしつこい攻撃についにイライラして完全にふくるの作戦に

はまる…

引っ張りっこというよりふくるに引っ張られっこ~

それでも雷や花火に強いしゅんが限られた精神面で唯一の面目を

保ってボスを続けてこられたが…

(雷や花火の音が怖くて腰が抜けて動けなくなってしまうふくるcoldsweats01

音が鳴り止むまで同じ場所でへたり込んでいる~

今日はふくるが下痢気味で弱っていると思い込んでいたしゅんconfident

(最近気候が不安定だからかお腹の調子がいまいちなふくるなのだが…)

不幸な事にしゅんがふくるに仕掛けた時には

すでに体調は回復していたようで~

途中で突然ふくるが切れてannoy

今までには無いものすごい形相でふくるがしゅんの首元めがけ

「ガウガウガウッ~!!!」

それ以上の剣幕で叫んだ私の声で「??」と我に返った2ワン達

その瞬間からしゅんは完全にふくるを無視pout

「やっちまった~!!」coldsweats02

焦るふくるは仲直りしたくてしゅんに近寄るがすでに時遅し…

プイッと向きを変えて違う方向へ歩き出すangry

しばらくオロオロしていたふくるだが結局これ↓で落ち着くheart03

2008_09050020

精一杯 離れて寝る2ワン達…

ふくるはなかなか寝付けないようだったが~

さすが切り替えの早いふくる…

2008_09050001

俺なんかしたっけ??  しばらくすると完全にリラックスしていた…

まだ総裁として我が家を取り仕切っていく気力があるらしいしゅんcatface

次の総裁選がいつ始まるのか気が抜けない~

<ひとりごと~>

『ザ・カルチャークラッシュ』によれば~

‘イヌは致命傷や重傷を与えることなく相手を攻撃するすべを知っている。

これはイヌが争いの解決手段である威嚇のレベルをとても細かく段階分けしており

人間の目には本気の大けんかにみえても、お互いに最小限のダメージしか

与えないように気をつけているのである。’

…という文章を読んで我が家ではある程度までは(MAXで喧嘩されるとうるさくて

近所迷惑になりそうなので)自由気ままに2ワンを遊ばせて(!?)いるが

これが驚くことにかなり本気で取っ組み合っていても怪我をしたことが

一度も無いのにはビックリ!!

行動学って素晴しい♪と尊敬です

|

« 夏(休み)が来たぁ~!〈清里編〉 | トップページ | 御対面~♪in 朝霧高原 »

日常。」カテゴリの記事

コメント

しゅん君、お兄ちゃんとして頑張れ~!!
なぁんて、ちゃんとワンコ同士で決めることなんでしょうね。

仰向けふくるん(なんか可愛い呼び方~♪) お気楽な感じがまたまた最高です。
『ねぇねぇ、まだしゅん兄ちゃん怒ってんのかねぇ~』って言ってるみたいに見えてしまいます(笑)
次の日には、仲直りしてるかな?!

ご旅行、最終日のお天気は残念でしたが十分楽しめたのでは~?!
色々なDRで遊べて、2ワンとも良かったね♪

投稿: たま | 2008年9月 6日 (土) 01時30分

うわっ~
ふくるくんもフラッシュで目が緑色に光るんですね~
知ってるコはみんな青色に光るので、この目はお父さんからもらったんですねconfident
レオも未去勢なのでふくる君とますます体系似てるかもですね。
お会いするのを楽しみにしてます♪

投稿: レオ | 2008年9月 6日 (土) 10時21分

♪たまさんへ♪

ホント~!!
飼い主としてはいつまでも先住犬のしゅんにボスを
務めて欲しいのですが…
ふくるん(←早速使ってみました~(笑)愛らしすぎます!!)の出方次第なのですかね??
いつ逆転するのかちょっと気になります~

たまさんの推測どおり今日起きたら しゅんも全く忘れちゃったみたいです(笑)
耳の掃除を念入りにしてあげていました

旅行~
雨が最終日だけだったのが奇跡のようでした~
それと!!
虫除けスプレーの配合を基本から教えて頂いてもいいですか??
自分でなんちゃってで作った物は怖くて人体実験+ワンの洋服につけることしか出来なくて…
あつかましいお願いでゴメンなさい
あとで連絡させて頂きます~

投稿: しゅん・ふくる | 2008年9月 6日 (土) 20時16分

♪レオさんへ♪

おおっ!!
私は勝手にこの毛色のコはグリーンアイ(!?)になるものだと思っておりました(笑)
違うコもいるのですね~

ふくるは何だか最近ますます痩せて肋骨が洗濯板のようになってしまい
心配していましたが…
なんと!
レオ君も同じような腰骨の浮き出具合~
こういう系統を受け継いでいるんでしょうかねぇ??
色々お話聞かせて下さい~
楽しみにしています♪

投稿: しゅん・ふくる | 2008年9月 6日 (土) 20時28分

へぇ〜そうなんだぁ〜!と関心してしまう…。
姉が訳した本ですが、読んでないのバレバレ。(笑)

他のは斜め読み(斜めかい!)くらいはしてるけど、カルチャー…は難しそうで…。

きちんと読んでいただいてm(__)mありがとうございます。(身内からお礼)

今後も総裁選(戦)には目が離せないですね〜。

ケンカ前と後のソファーの2メンズは、分かりやすすぎて、笑ってしまいました!!
しゅん君、頑張って〜!!

投稿: ゆみ姐 | 2008年9月 7日 (日) 02時15分

♪ゆみ姐さんへ♪

ホントは~
この本について書かせて頂いた時 お姉さんの事も書かせて頂きたいなぁと思ってたのですが!
やっぱり許可を得なくては~と断念してしまいました…

今後難しくて理解出来なかった点はゆみ姐さんにお聞きしますので どうか熟読しておいて下さいね(笑)

そうですね!!
選より戦の方でした~♪
総裁としての品格をダイナさんに今度レクチャーしていただかねば(笑)ですのでよろしくお願いします!

投稿: しゅん・ふくる | 2008年9月 7日 (日) 23時18分

やっぱり 2ワンはいいですねー。
しゅん君のいい刺激?になっているパワフルふくる君 これからますます力をつけていきそうですね。
兄弟喧嘩がないアンリは、1日中寝てばかりです。今度ふくる君に刺激をあたえてもらおう っと・・・

やっぱり犬社会も いろいろルールがあるのですね。ちゃんと頭にいれておかなければ・・・
犬同士が喧嘩している時、あわてて引き離そうとして 逆に人間が怪我するようなことがあった と聞きましたが そうならないよう 気をつけなければ いけないですね 

投稿: アンリ | 2008年9月 7日 (日) 23時38分

♪アンリさんへ♪

そうですね~
気持ちよく の~んびり寝ていてもふくるに叩き起こされて
しぶしぶ動く破目になるしゅんを見ているとなんだか可愛そうに
なる時もありますが~
退屈しないのは確かかもしれないですね♪

でもアン君もたくさんのニャン達に囲まれて刺激的な感じがしますが~
もっとパワフルな刺激が欲しい時は貸し出しますのでおっしゃって下さいね(笑)

犬社会のルールにどこまで人間が介入していくか難しいところですよね…
初対面同士のワンが喧嘩をし始めたら止めなければ大変な事になりそうですし。
相性が一目で分かるチェック表みたいのがあればいいのに~(笑)と
思ってしまいます。

投稿: しゅん・ふくる | 2008年9月 9日 (火) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1018320/23527635

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家流 総裁選…:

« 夏(休み)が来たぁ~!〈清里編〉 | トップページ | 御対面~♪in 朝霧高原 »