« 夏もいいかも… | トップページ | 芝生フカフカ~♪ »

2008年8月 1日 (金)

ホリスティック医療から見たワンの健康とは~

昨日 ずーっと気になっていた本がついに届いた~heart04

(買おうかどうしようか悩んでいたので注文しなかっただけのことだが…)

その名も『ペットの自然療法事典』

名前だけ聞くとかなりうさんくさい感じが否めないのだが~coldsweats01

最近 しゅんの精神状態やらアレルギーのことも気に

なっていたし ワンに使えるハーブやアロマセラピーの事が

知りたくて買ってみたhappy02

(ワンだけでなくニャンcatのことも平行して載っています~)

早速中身をパラパラ~

600ページ以上にもわたる厚さなので まだ興味のある部分しか

見ていないが 解り易くまとめられているので読みやすい!

今まで買ったワンの病態に関する本には 書かれていないような

内容が(皮膚と被毛のこととか、デトックスに関することとか…)

ありなんだか新鮮な感じ♪

まあこれが西洋医学と自然療法の違いなんだと思うが

“必ずしも自然療法にだけメリットがあるわけではないのですよ~”

と最初に警告してあるのがさらに気に入ってしまった!

(おまけに勘違いな私が変な行動に移さないように “あなたにできること”

という項目まで付いているconfident

そこで今日読んだ中で一番気になったこと

「ワクチン接種」について~

当たり前のように毎年1回(忘れた頃 動物病院からハガキが来て~)

打っているワクチンだが…

ワクチンの種類の中には長期間の免疫持続が証明されている

ものや(犬ジステンパーウイルス感染症や犬伝染性肝炎は抗体が

あれば7年!!位の免疫持続期間があるそうです)感染する機会の

少ないウイルス(犬コロナウイルス感染症、ライム病や

ジアルジア症等)は必ずしも毎年接種する必要がなく

Drと相談して血清中の抗体力価の測定をしてもらうのが

理想的とか~

我が家は しゅんのアレルギーを悪化させても嫌なのでという

理由で今まで最低限の5種しか接種していなかったが~

(ここはふくるも足並みをそろえてもらって5種にしたcatface

おまけにケンネル・コフに対するワクチンは行なっても

他の病原体によって感染がおこる可能性もあるとのことで

完全ではないのかも…

まぁ 流行する型が違えば罹ってしまう人間のインフルエンザ

ワクチンみたいなものかもしれないけど~

(私は過去2回打って逆にワクチンでインフルエンザに罹ってしまった

のでどんなに周りで流行ろうと2度と打たないと心に誓ったがbearing

でもDRなどでワクチン接種を前提に入場出来るところが

ほとんどの現状では打たない以外の選択肢は無いように

感じてしまうが…coldsweats02

2008_07310003

左:昨日 届いた事典~(事典なんて小学生以来かもsmile)

右:良く参考にするワンの浅~い解剖生理学的な本

(この人間版もあるのだが圧倒的にこっちを見る事の方が多い~coldsweats01)

Img_1263

「なんだかんだ言っても健康が一番だよね~♪」

|

« 夏もいいかも… | トップページ | 芝生フカフカ~♪ »

体調不良。」カテゴリの記事

コメント

ワクチン、そうみたいですね!
うちは、言われるがまま当たり前のように接種してるのだけど。。。
ノミダニのフロントラインとかも、あんなの絶対しない!!っていう人もきいたことあります。
どうしたらよいのでしょうねthink
まあ、とにかく健康が一番です!
ワンも人も気をつけましょうclover

投稿: そらるなママ | 2008年8月 2日 (土) 02時03分

あたしもその本買ってみようかしら??

狂犬病も、海外では毎年打たないって言うし、ワンコたちに使われる薬もほとんどが人間用を代用しているって話も聞くし、まだまだ日本はワンコにやさしい国ではないのかもしれません。
うちのミニピンなんて、フロントラインをつけたら毛が抜けちゃって、未だになかなか生えてこないし…

ワンコにも人間にも優しい国がいいですね!

投稿: yuzumama | 2008年8月 2日 (土) 09時30分

わぉ~、ワタクシも興味ありありの事典です。

状態によっては、お薬で治療する事も必要でしょうが、
日常のケアでは、自然の物で体質や症状を改善できたらいいな。と思っています。

ワクチン、海外では数年に1度の所もある様ですね。
でも、日本では年1度が暗黙のお約束。
予防云々よりも、証明書の為な気がします。(DRや宿泊先でも条件になってますものね)
以前、かかりつけの先生に聞いたところ、
血液検査で抗体の状態を検査して、大丈夫なら接種免除の様な書類を書いてくれるとの事でした。
でも、血液検査は予防注射代くらいか、それ以上費用がかかるし
もしダメだったら、その上接種をしなくてはいけないので
そこまでしなくても・・・という感じでした。
老犬や、病気で負担が大きすぎるなど特別な措置という感じでした。

家は、8種だし~、そんなに必要ないのかな??
でも、3年ほど前には渋谷区でレプトスピラが発症していたりするので・・悩んでしまいます。
(人間まで感染していないので、そんなにオオゴトにはならないだけで、他にもあるのかも・・)

調べれば調べるほど悩んでしまいます。


投稿: たま | 2008年8月 2日 (土) 11時08分

♪そらるなママさんへ♪

色々ある情報の中で どれを優先して考えるか飼い主としては
悩みどころですよね~

フロントラインも月1回の塗布でダニに対しては1ヶ月効果!!って
いう位だから相当強い成分なんだろうな…とは思っていましたが~
DRにも行くし、夏は山のような所にも行くし…と思ってウチは疑問に思いながらも使い続けてます。

ホント健康第一!!
人間とワンが楽しく暮らせるように考えていくのが
一番かもですね~

投稿: しゅん・ふくる | 2008年8月 2日 (土) 15時22分

♪yuzumamaさんへ♪

なかなか面白い本ですよ~♪
(1つ1つを深く知ろうとしたら全然足りないかもしれませんが…)
yuzumamaさん家は ニャンもいらっしゃるし読み応えがありそうです!

理学療法的なことや筋力維持の為のストレッチ法なども載っていたのでLALA君の足のマッサージに使えるかな~??って思いました。

ホント日本の法律ってまだまだ動物先進国からみたらあいまいかも
しれませんね…
狂犬病も「すべての温血動物」に感染する可能性があるというのに
ワンにしか接種の義務がないし…
ワクチンに対しても義務はないにせよ 接種しなければ どこにも
行けないような社会ですものね…

PIPI君?NANAちゃん?かな??
大丈夫ですか?
やっぱりフロントライン強烈な薬なんですね…
皮下吸収で1ヶ月という事は 塗布後の皮膚は相当なダメージなのかなぁ
早く生えてきて欲しいですね!

投稿: しゅん・ふくる | 2008年8月 2日 (土) 15時48分

♪たまさんへ♪

この本を買ったきっかけは たまさんがハーブを使って
シャンプーや保湿クリームを作ってあげていたりしているのを
知ってなんです~!!

でも専門的に知っている方にとっては全然物足りないかもしれませんがTタッチや鍼・指圧の事まで載っていたりするので
面白い本かもしれません!

ワクチンについては知れば知るほど???です(笑)
抗体量が少量でも疾患に対して防御出来るとも書いてあったので
どのくらいの抗体量なら接種免除になるのかな?
各病院で共通のガイドライン的なものがあるのかな?
なんて考え出すとキリがなくて~(笑)
でもワンにとってみたら1度の注射で済むはずが
採血後→結局注射!!ってなったらイヤ~!かもですね。

おお~!!
レプトスピラ発症していたのですね!(驚)
5種にはもちろん入っていないので またこれは悩みどころですね…
バイキング形式に1種類ずつ選べるワクチンってないかな~??
さて今度のワクチン接種どうしましょう~

投稿: しゅん・ふくる | 2008年8月 2日 (土) 16時16分

その本 ものすごぉーく気になります!!

私もワクチンには ギモンを持っているけど
義務だし 一応最低限の5種を打ってます。
でもフロントラインは今年から辞めちゃいました。
山や川に行く時に付ければいいかな~と思って。
普段はアロマオイルで作ったスプレーだけにしてます。
害虫駆除薬と同じ成分が入ってるらしいし・・・。

ワクチンは仕方ないかなーと思うけど、
体に害になるものは なるべく減らしたいですよね~。

・・・書きながら 「その本買おう!」と決心しちゃった(笑)

投稿: ウメ | 2008年8月 6日 (水) 12時16分

♪ウメさんへ♪

なかなか味のある(!?)本ですよ~!!
栄養学的なことも詳しく載っていました♪
この本に携わる方々とは全くの無関係ですが(笑)
是非おすすめです~

う~ん…
フロントライン ウメちゃんも中止されましたか…
ウチはしゅんが夏に向けて特に脱毛が激しくなるので
(全体的に抜けていく感じなのですが~)いかがなものかと
思案してました。
おそらく脱毛はフェラリア薬との関係もあるのかも知れませんが…
(そしてアレルギーもあるのでなんとも言えませんが~)

確かにそうですよね!!
そういう現場(??)に行く時だけ付ければいいのですね~
疑問に感じながら使っていたけど 早くにそうすれば
良かったのかも!です。
早速 来月から実施してみます~♪

投稿: しゅん・ふくる | 2008年8月 6日 (水) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1018320/22691708

この記事へのトラックバック一覧です: ホリスティック医療から見たワンの健康とは~:

« 夏もいいかも… | トップページ | 芝生フカフカ~♪ »