« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

つめきり成功♪

家でする手入れの中で、嫌いなもの堂々1位に

ランクインするのが 『つめきり』!!

…かといって後延ばしにすると、高踏歩様のためか

自然に削れる事もなく、すぐ伸びてくるcrying

しゅんだけのときは、しぶしぶ切らせて、そのうちに寝てしまったり

していたのだけど、ふくるが来てから一転してしまったdown

体をよじらせて、頭で私の顔をパンチpunchしてくる~

(しゅんの頭は、ヘルメットのように丸く、当たると強烈だweep

ふくるにいたっては、つめきり体勢にするのでさえ不可能…

今までいろんな環境でチャレンジしてきたけど(ドックランで疲れた後に

そのまま外で切ってみるとか~)今日、一番ベストな状況を発見!!

1.2人+2ワンで、お散歩に行く。(環境を変える~!)

2.犬入店OKな店で、一緒にお買い物。(人好きなしゅんを楽しい気分へ♪)

3.犬のいない公園で『つめきり&やすり』(待ってました~!)

これにてビックリするくらい、スムーズに出来たnote

ワンコの来なさそうな公園を、見極めるのが難しいけど

しばらくこの方法で、やってみよう~happy01

2008_04290135

今使っているつめきり用品(左:電動やすり 右:ニッパー式つめきり)

今でニッパータイプしか使ったことないけど、ギロチン式の方が

使いやすいのかな~

「パチン」っていう衝撃が少ないような気がする。

すぐ物のせいにするのは、悪い癖なんだけどcoldsweats01

 帰ってきたら、お次は耳そうじ~

そしておやじは仕事へ~(連休中、働きづめのおやじ。がんばれ~)

ふくるは私には絶対させないので、これはしゅんのみ。

2008_04290134

耳そうじ用品(左:脱脂綿と綿棒 右:エピオティックの洗浄液)

どの洗浄液も、じかに耳の中に垂らすようになっているが

これだとかなり嫌がるので、脱脂綿にたっぷり湿らせて

耳の中に入れ、耳の付け根をもみ込む方法で使用中。

それで出てきたものや、目に見える汚れを綿棒でふき取り終了!

以前は、オイル様の洗浄液を使っていたが、こちらのほうが

サッパリだし、刺激もすくないようなので、お気に入りの一品confident

お天気なのに遊びに連れて行ってもらえないやつ等は、ふて寝…

2007_09220010_2

「そんな事より、遊びに行かないの~?」

(連休中は混んでるから1人では、あなた達を見張っておくのは無理です!)

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣き叫ぶ事も無く…無事終了!

昨日は、のばし延ばしにしていた、フィラリアの検査に

いざ病院へ出陣dash

…というのも去年の検査時、最悪だった~sweat02

面倒だから~と2ワン一緒に連れ出して、先にしゅんを

診察台に置いた途端、暴れまくるsad

抑えるのに集中する為、ふくるは奥のゲージに一旦

収容してもらって、「ひゃあぁ~ ぎゃあぁ~」と叫びながら

採血されるしゅんを抑えていると、なにやら奥の方からも

「ぴやあぁ~ ひゃあぁ~」という似た様な声が…

そうです。それはふくる…(当時6ヶ月)

しゅんのただならぬ様子を察知して、ひとりでパニックにgawk

(この年の冬にアレルギー検査で採血していたしゅんは

一気に病院嫌いになっていたのだった。)

いざ自分の番ではキョトンとしたまま終わっていたのだけれどsweat01

冷たい視線を浴びつつ、帰途についたのだったcoldsweats01

こんなお騒がせな過去を思い出すと、私が一番行きたくなかったが…

早く行かねば5月になってしまう!と焦りつつ…

GW期間中という事もあり、病院は大賑わいdog

しかし教訓を活かさず、また2ワン一緒に連れ出して来てしまった。

まずは、手こずるしゅんから~

今日はスリングにずっと入れていたのがよかったのか

素直に診察台に乗っている♪

頭を軽く抑えただけで、スムーズに終了~

次はふくる~。

まずは、用意してあるシリンジを直視。そこから目を離さず

刺される場所を確認。いざ刺されると「ぴひゃあ~」

あぁ…始まってしまった…

当然、1度では採れず、しゅんのリードを結わいつけ

押さえに集中!2度目は、なんとかいけそう!ってときに

先生の膝に手をかけているしゅんが~

本当に関係者の皆様ご迷惑を、おかけしましたbearing

結果はフィラリア(-) 血算異常なし!

2008_04280143

(上:しゅん 下:ふくる 両方ともMCHCが低めで、貧血要素があるのかも

しれないがHbが、正常だから問題ないでしょう♪って犬もかな?!)

2008_04280144

恒例のミルベマイシン(しゅん:1.25mg  ふくる:2.5mg)とフロントラインプラス。

そういえば病院で体重測ったら、ふくるってば5.64kg↓にダウン

していた。しゅんと1.0kgも違わないのに、薬が倍量っていうのも

ちょっとコワイ気もするが…

鞭虫を駆除するには、倍量投与するみたいだから

問題ないのでしょうねhappy01

家に帰ると一番私がグッタリしていた…

2008_04280140

「しゅんだって疲れましたよ…」

2008_04280138_2

「いやいや、ふくるのほうが… sleepy

それじゃあ夕飯は、ご褒美に!

2008_04280142

「たらのおじや」の上にイチゴのせnote(この組み合わせ罰ゲームかも…)

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

これ嫌い~!!

彼らのごはんのストックが、無くなって来たので

今日はまとめて作ることに~!

(冷凍可能な食材で作ったごはんは、大量に作り

1回分ずつ小分けし冷凍しておくことにしている。)

一番参考にしている本がこの2冊restaurant

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!

かんたん! 手づくり犬ごはん

食べさせて良い物の組み合わせと量が、とってもわかりやすいし

なによりアレンジが利くflair

そして簡単~!!

自分たちのごはんでさえも、切る。・焼く。・煮る。の

単純作業しか出来ない私が、作るのだから簡単でなければ

続かないのですcoldsweats01

何でも食べてしまう彼らなので、手作り食を初めて1年を過ぎるが

幸い今まで拒否された事はなかったが…

今日のメニューの〈豆腐とレバーのくず煮〉

2008_04270132_2

左:ふくる用(下にウォルサムのフード入り) 右:しゅん用

レバー大好きの彼らheart04

早速、お食事処に駆け込み

2008_04210140_2

「いつまで待たせるですか(怒)!!」

「はい、どうぞ」で、ガツガツ始まるはずが…

目の色を変えて食べているのはしゅんだけ…

怪訝そうに、ごはんを見つめるふくるeye

「今日の飯、草が入っちゃってますけどannoy

今日は、レシピどおりに、ブロッコリースプラウトを

入れてみたからsmileそれが気に入らないらしい。

そんなふくる様、下から器用にお召し上がりになり

ブロッコリースプラウトは、すべてお残しになりましたangry

食後の対照的な彼ら…

2008_04270134

「お口直ししなきゃ!全く失礼しちゃうよ!!」

無心にマローボーンをがじるふくる。

2008_04270137_2

 「ひゃ~満足♪おやすみなさ~い」

遠目から見るとサッカーボールのようなしゅん。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

ドッグランのはしご~

一昨日はお天気もよかったので、気になっていた

『伊香保グリーン牧場』へ♪

ひろ~い牧草地に、散り始めた桜。

もう少し早ければ、もっときれいだったんだろうな~。

風が吹くと、ちょっと肌寒いくらいの気候でビックリだったけど

緑いっぱいで空気がおいしかった!

さてドッグランは…

テニスコート一面くらいの大きさなのが残念だけど

2ワンが遊ぶには、十分な大きさでした~。

(平日という事もあって、ワン連れは少なかったので…。人間は結構いました。)

Img_0180

「今日も、張り切っていきますか~!」

Img_0181_2

「むむ~!!またあいつばっかり(怒)」

Img_0187

「ふくるばっかり目立ってずるいぞ!」  「ひゃぁ~すんません。ボス。」

…と一応、謝っておくが、すぐに形勢逆転down

Img_0189

「ガオォー!!」  「くっ…食われる(汗)」

シープドッグショウでは、オーストラリアンケルピーさんが

見事な働きっぷりを披露してました。

最近では、ペットとしても飼う方が増えてきたとか…

イタグレの何倍、運動量必要なんだろう~。

想像しただけで眩暈が…coldsweats02

あまりの従順さに、感銘をうけ、こちらを購入。

Img_0206

シープドッグホイッスル 300円也(安!!)

イタグレに、仮にこれで指示を出せるように、なったとしても

いまいちしっくりこないが…(自由奔放の奴らが従うとも、思えないし~)

おやじは帰り道、一生懸命に練習していた。(うるさ~いannoy

途中のもろみ漬屋さんで買った〈玉葱のもろみ漬〉おいしかった!

 この後、なんとなくゼブラにふら~りと行き

キャバリアのちゃー君とパスタ君と遊んだ~note

なんとまだ6ヶ月と7ヶ月のパピーちゃん!!

無邪気に遊ぶ姿に癒されましたhappy02

それにしてもうちのおっさんしゅんが、ちゃー君に失礼しましたcoldsweats01

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

逆ダイエット~

今年のさむ~い冬snowの間に、ふくるは激やせしてしまった。

(6.1㎏→5.5㎏までdown

私達から見れば非常に、羨ましい話だけど…

〈特におやじ殿!メタボまっしぐらはやめてくれ~crying

肋骨が異様にクッキリし、腸骨は‘取っ手’?!っていう位

浮き出してしまったcoldsweats02

まだまだこの辺りは、イタグレ認知度も低く

散歩に行っても「カンガルー・鹿・ロバ」程度の事はsad

今までも言われていた。

…だが前に一度、通りすがりの子供に「きも~い」と

言われた事もあって、これではますますとんでもない事を

言われそうな体形かも!!と、ふくるだけは隠すように

服を着せて散歩に行っていたbearing

そこで!!

《ふくる増量計画》

その1

動かさない

(未だに、夜も2時間おき位に起きて、私たちのベットの周りをウロウロうろうろ…

夜くらいじっと寝なさ~い!当然昼間もほとんど起きていたずら用品を探している~)

当然これは失敗…

その2

一時ドライフードメインにし、カロリーUPup

(肉の量をある程度までは増やしたが、手作りご飯では、バランスが悪くなるため

限界があり、カロリーの高い・消化吸収の良いドライフードに頼る事にした♪)

Img_0167

(今回は右側の「消化管サポート」を使用。左側は災害時等のしゅんの緊急用に。)

始めてから今日でちょうど1週間!本日Wt:6.0㎏happy01

 成功!!ってこんなに早く成果が出ると思わず、3.0㎏のフードに

 してしまったんですが…余った分は、おやじのつまみbeerにでも

 活用しますか~。高カロリーだからダメか…(鬼嫁sweat02

 でもふくるの見た目は全く変わらず。

 まぁ体重と相談しながら、ゆっくり考えていくとしますか~

 にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

チャックマン再登場!

今日は久しぶりにお天気~sun

さぁいろいろ洗濯するぞ~noteと、意気込んで各種カバーを

外そうとすると、ない…。ん?やっぱり、なーい!

チャックが…ない。やられた…。こいつに~

Img_0025_2

「慌てちゃってなんすか~?」

まだふくるが小さいときは、毎日のようにチャックを盗まれたが

最近はピタッとおさまっていたのに~annoy

2008_04220141_2

このようにYKKの部分が全部奪われるパターンと

引っ張るところがなくなるパターン…

どっちにせよ使い物にならないじゃないか~!

いつやったのかもわからず…ちゃんと、うんPで出したのかしら。

お腹もこわれてないから、まぁいいか…

今度は買い物に行こうとすると、なんだかしゅんが落ち着き無い。

久しぶりにソワソワしながら、あとをついてくる。

ふくるが来てからも、3ヶ月に1回位はこういうことがある。

玄関前のゲートを閉めると、クライマックス

「ぴやぁぁー!ひゃぁぁー!!」

さっき散歩もいったし、〈もうしらん!〉と思いながらも

内心は大丈夫かなとドキドキ…。ICレコーダーを

セットしてしまった。

帰ってくると案の定、玄関前で「ひゃぁーひゃぁー」いってるしゅん。

あれ?ふくるはどうしちゃったの?

しばらくした後に、ソファからおりてくる。

寝ぼけ顔で一応「きゅーきゅー」言っている。

こんな状況で、よく熟睡できるわね…

なんだかんだいってもチャックマン万歳!!

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

連日しつこさ全開!!

先週末は、ゼブラへ~

ふくるのパッドも治りきってないため、ほどほどに遊んで

おこう~と思ったのは、飼い主だけで…

土曜日は、イオタ君にもう夢中heart04

もっとカメラの技術があればなぁ…

みんな素敵な走りをしていました。dash

Img_0142

「み~つけた!」 (手前のあたまがイオタ君)

Img_0143_2

「しゅんなんかより、ふくると遊んでくださ~い!」

Img_0139

「しつこいですか?」

この調子で、ずーっっっとストーカー…

ゴメンなさいイオタ君。

一方、しゅんは…

Img_0131

…顔おかしなことになってない?

2歳を過ぎたら、めっきり走らなくなったしゅんだが、この日は

みんなに遊んでもらって楽しかったみたいhappy01

おもしろい事に、男の子組と女の子組で、きれいに分かれて

遊んでた。

遊んでくれたみんなありがとうございます!

 日曜日は…

ついた途端、雨rain

ドックランに行く前に、気分良く車を洗っていたおやじは

相当ショックを受けていたshock

でもそのおかげで、ちょっと空いたかな~

久しぶりに、アン君とのぶなが君にも会えてよかったhappy02 

しゅんのマウンティングは、だいぶおさまった方だけど

いまだにアン君だけには、超しつこい!お互い去勢する前の

ちびっ子の頃から遊んでたからか、アン君もふくるには怒るが

しゅんには寛大coldsweats02 毎回ごめんね~。

その頃ふくるは…

未避妊のイタグレの子に夢中…。これは大変!!

それに気をとられていたら、しゅんが床においてあった他の方の

バッグから、入っていたオヤツを泥棒!!ほんとスミマセン…

しかも、しゅんはアレルギーがあるから、コーン・小麦粉入りの

ものは食べれないのに~。

その後こっぴどく叱られたのは、いうまでもないpout

まぁ目を離した私も悪いのだけど…sad

そしてふくるは、行く前は右の前足のパッドだけ剥けていたのが

日曜日の帰るときには、すべてのパッドがやられていたのでした…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

しゅんの今まで(アレルギー編)

これは2006年9月の話。

(手書きの日記を基に、書いていますpen

ふくるが来てから、分離不安症状は、改善してきたものの

体調が、絶不調になってしまったしゅんsad

二頭目が来ると、なんらかの体調不良をおこすとは

聞いていたけど…

8月の中旬頃より、背部・一部の腹部・頸部に痒みの無い

発疹がでていた。診察を受けるけど、掻痒感もないため

はっきりとした診断もつかず、抗生剤注射と内服で

1週間程度で治まっていた。そのときは留守番のストレスかな?

なんて思っていたのだが…

10月に入ると鼻汁(犬が鼻を垂らすなんて思ってもなかったが)

と咳で再び受診。鼻水が「ずぅ~びぃ。じゅ~びぃ。」いって

それにむせて咳が出ている感じだった。

アレルギーか風邪か?…といまいち診断つかず、抗生剤と

気管支拡張剤を内服して5日後、咳と鼻汁は治まったが

全身の皮膚の発赤・脱毛が現れ、体も前より掻くことが

多くなった気が…

軽いアレルギーでは?と、処方食を初めてトライする事になるrestaurant

血便を出したりとお腹の調子がいまひとつだったしゅんは

〈ユーカヌバ〉→〈ナチュラルハーベスト〉→〈ナチュラルバランス〉

〈ネイチャーズ・バラエティ〉といろんなメーカーを渡り歩いていたが

この時までは、ドライフードしか食べた事がなかった。

病院よりサンプルとして、〈ウォルサムの低分子プロテイン〉と

〈サイエンスダイエットの「Z/D」〉、メーカーは忘れたが

〈アミノプロトケア〉を処方され試してみる事に!

結果、ウォルサムが便の調子もよいので続けてみる事にした。

…だが11月の終りに突然、体幹部に発疹がびっちり出現!

翌~翌々日には、その発疹1つずつから膿様のものが

出てくる程、悪化する。

当然、元気も無く、ふくるが遊んでいても、毛布をかぶって

寝たままでてこない。(食欲だけは、すばらしくあったshine

今までそこまで元気のないしゅんをみたことがなかった。

これは早急に原因を特定せねば!とアレルギー検査を

受ける事にする。

このとき採った5ccの採血が相当、嫌だったらしく、これ以来

病院嫌いになってしまった…

1週間も経たずに結果が出て

・ライ麦(7~10月に生息)

・セイバンモロコシ(4~7月に生息)

の2種類だけ弱陽性であることがわかった。

しかし、仮に他にも(食物やハウスダスト等)アレルゲンが

あったとしても、検査時に出ない事もあるらしい。

おまけにしゅんは去勢しているので、ホルモンバランスの

変化でも、こういった症状が出る事があるらしい。

発疹は、連日のノバルサンシャンプーで1週間程で

軽快したが、この一件で初めて真剣に、食事内容や

シャンプー類等、身に着けるものに対して、考えたり

調べたりするようにたった。

アレルギーについて、一番わかりやすかった本が

「イヌのアレルギー外来」という本。

これで〈交差反応アレルゲン〉という言葉を知り、

ライ麦やセイバンモロコシの他にも、麦類と

コーン・穀草・サトウキビもアレルゲンとなるため

食べないほうがよいということがわかる。

2.5ヶ月間〈低分子プロテイン〉を、食べていたが

便も少なくコロコロになっていたため、一般の他製品を

〈ナチュラルバランスのスィートポテト&フィッシュフォーミュラー〉

〈ティンバーウルフ製品〉

〈ピナクル〉

試すが、発疹が出る事はなかったが、なんとなくしっくりいかず…

原材料を血眼のように探して、ドライフードを選ぶのだったら

いっそ手作り食に変えてみようかなflairと思い

2007年4月より、手探りでの手作り食が始まる~

2006_12020063

「もうあんな思いはゴメンだよ!」

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

肉球故障!!コストコ断念↓

昨日は、久しぶりに『ざくろの里』のドッグランへ~。

近くに入間アウトレットパークが出来たせいか

平日だって言うのに、いつもはガラガラな道が

ガッツリ渋滞中wobbly

暴れん坊を、たっっっっっぷり遊ばせた後

コストコに行こうと思っている我が家も

全く関係ないわけではないから、まあしかたないcoldsweats01

いつもは大きい子が多い、このドッグラン。

サイトハウンド遭遇率も大変多く、俊足ぞろい!

当然敵わないしゅんは、姿勢正しく座って見学するのみ。

だがこの日は、貸切状態で遊べた~

Img_0102

「ボール 最高!!」

Img_0078

「あらよっと!」

Img_0076

「こわいよ…。ふくるさん…」

この調子で、2時間くらい通しで走り続けた為、ふくるの肉球は

無残にも1.5㎝位のいつもより深い亀裂が入り、出血中。

そして強制退場…

疲れ知らずのふくる。まだ走り足りないはずだが、しかたない。

そして、我々のお目当てのコストコに移動~

都内に住んでいた頃は、幕張の店舗に行っていたが

まさかこんなに近くに出来るとはheart04 便利じゃない~!

…と喜んでいたのもつかの間、カードを作るのに

永遠、並んでるsweat02

他店舗でカード作ってから、来たほうが良いんじゃないかと

早々に離脱… 

ふくるも肉球とれそうだし、今日は退散しましょう。

家についてシャンプーをする間は、痛そうにしていたふくるだが

ヒビテン消毒後、ケロッとして、両手でガリガリと毛布を掘って

自分のベットを整えていたshock

恐るべし回復力…

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ ←ひと押しお願いイタシマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

しゅんの今まで(分離不安編 3)

~第4章~

犬と暮らすとは、こういう面でも大変な事だったのか…

毎日、分離不安について調べた。

欧米には、分離不安の行動療法の促進薬が開発されている

ようだが、発売まもなくのため臨床的な価値はわからないらしい。

当然、副作用だって出るはず…。そしたら長く使うことは危険だろう。

精神的に安定を得るだけなら、パッチフラワーレメディはどうか?

2種類ほど飲み水に混ぜたり、出かける前に吹きかけたりして

みたが、半狂乱状態のしゅんにとっては、全く効果なかった。

訓練士さんに、相談してみるか?

けど、もうこの環境を変えたかった。

2頭目…

多くの説では、「犬は群れ社会。同様になる為、

不用意に増やすのは止めたほうがいい。」とある。

だが今まで見てきた中で、一人になるのが不安でたまらない

ように思えてならない。そしてもうこれでダメだったら、

2頭つれて、実家にでも帰って精神的に落ち着くのを

気長に待とうと覚悟を決めた。

独りよがりな解釈でしかないが、2007年9月24日遂に

単胎児のその日でちょうど2ヶ月のイタグレを迎える事となる。

家までの道中、不安でいっぱいの私に対し、その子は

フードの入っていたダンボールに悠然と入り、車酔いもせず

トイレもせず、鳴きもせず、大物っぷりを発揮した。

名前は即興で、この暗~い環境をどうにかしてほしい!

という思いで、福が来るように!!と『ふくる』と名づけたhappy02

…ところがこの一人っ子野郎(私も一人っ子だが)

手に余るほどの暴れん坊coldsweats02

昼夜問わず2時間以上続けて寝る事がない。

子犬は常に寝ているイメージがあったのだが、それはしゅんが

特殊だったのか?!

そして起きている間は、しゅんの首元めがけて突進し

からんで行き、大喧嘩に…

そんな無法者と24時間付き合わなければならない状況が

功を奏したのか、しゅんも次第に落ち着きを得るように

なってくる。

当初は留守番の際も、悲痛な鳴き声をあげていたが

ふくるが全くそれにかまわず、過ごしてくれたおかげで

10月半ば頃には、2頭でのお留守番は出来るようになった。

ただ、わんぱく野郎の出現で、留守中のいたずらは

ハンパない状況となったが、しゅんの精神的安定を得たことに

比べれば、かわいいものだcoldsweats01

~おわりに~

しゅんの救世主となるべく我が家に来た、ふくるだが

2ワンと2人で暮らす毎日は、あの頃からは到底、

想像の出来ないほどの楽しさでいっぱいだ。

時折あまりのわがままっぷりに、みんなを困らせて

こっぴどく気合を入れられてしまう、ふくる。

我が家にとっては、本当に福を運んで来てくれたのかもしれないhappy01

しかし、以前は一人にされても、何も問題をおこす事の無かった犬

にも、いつの間にか分離不安がおこるようになる事があるということを

忘れずにいれさえいればの話だが…

                               ~終~

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ ←ひと押しお願いイタシマス。

2006_12020041_3

「今日からしゅんがマナーを教えてあげます。」

2006_12020040_2

「この人だれ?めいわくです!!(怒)」ふくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

しゅんの今まで(分離不安編 2)

~第3章~

‘イラストでみる犬学’によれば、<犬の分離不安>とは

『飼い主が家に犬を置いて、外出したその留守中に限って、

普段はしないような破壊的行動・不適切な排泄・吠える

・(体を必要以上になめたりする)自己刺激・身体疾患様の症状』と

ある。だが、破壊行動や自己刺激行動などは別の問題行動や

身体的疾患など分離不安以外の原因でもおこるとされ、

診断・治療は専門家に依頼するようにとあった。

また他の書籍によれば『飼い主の過度の心配が

分離不安状態を起こすのであって、安易に言葉を

使いすぎる』とまで書かれていた。

しゅんはといえば、夏も真っ盛りの8月頃より変化が出てくる。

外出前に、気づいてしまうようになり、与えたおやつそっちのけで

狂ったようにサークルを叩きながら、大声で鳴き続ける。

そして出かけた直後から、立て続けに尿・便をする。

(当時はモニターを付けていたため、外からでも様子をみれた。)

近所迷惑になるだろうと、マンションの管理人さんにも

それとなく苦情がないか聞いてみたが、「大丈夫よ」と。

でもこのままじゃいつ苦情がくるかわからない。

おまけに、ちょっとの買い物にも出かけられない。

休みの日ぐらいは、一緒にいてあげようと、

通信大学の科目履修生のスクーリングも出席できない。

名古屋の友達の結婚式も欠席した。

そんな毎日に、耐えられなくなり、ついに9月で仕事を辞める事に。

だが、一回狂ってしまった歯車は、そう簡単に治るわけも無く…

常に私の行動を観察するようになっており、家にいても少しでも

見えなくなると鳴き始めるようになる。

サークルに入れると特にひどい。クレートなら、見えていれば

大丈夫だが、あちこち移動するたびに持ち運ばなければならない。

さらにベランダに出たとき、偶然下から主婦達の会話が

ダイレクトに聞こえ…もちろんしゅんの鳴き声のことだった。

あああぁー もう限界!!

こうして最後の決断を下すことになる。

                            ~第4章~へ

2006_12020004

一番ひどかった頃のしゅん。目つきもキツイ…

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ← 一押しお願いイタシマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

しゅんの今まで(分離不安編 1)

~はじめに~

色々あった出来事の中で、しゅんも私もこれほど辛かった事件は

無いかも知れないweep

今思い出しても、暗~い気分になる為、これを読まれてしまった方

不快な思いをさせてしまったらごめんなさいthink

~序章~

家に犬を迎えよう!となった段階で、今までの勤務は

夜勤もあったため、ほとんど家にいることが出来ず、

一旦、仕事を辞め(12月)、新年度から次の日勤のみの

仕事先に行くことに決まっていた。

しゅんが来たのが、年が明けてから(1月)だったため、

しつけも出来るし、丁度いいなと思っていたが相手も心ある生き物。

そんなこちらの思惑通りに、事が運ぶわけもなかった…

~第一章~

しゅんは、家に来た当初よりサークルで過ごさせていた。

もちろんサークルに入れると「ピューピュー」鳴いていたが、

行動学上でいわれる‘群れからの分離’による子犬特有のもの

と思い、かまわずしつけていた。

次第に、誰かいるときにはサークルにいても落ち着いて、

過ごすようになり、夜鳴きも5ヵ月を過ぎた頃からおさまった。

だが…

外出の気配を感じると、そわそわ落ち着かなくなり

いざ留守番となると「キューンキューン」と大声で始まる。

ひどくなる前に、何とかしなきゃ!と焦り、

留守番に関するしつけ本を買いあさった。

そこに書いてあるとおりに、外出前は

‘見ない。話しかけない。触らない。’

を忠実に行ったのだった。

それがよりいっそう状況を悪化させるものだとも思わずに…

~第二章~

1月の中頃より、留守中の様子がわからないので、

とりあえず鳴き声だけでもと思い、ICレコーダーを

セットして出かけるようにした。

しつけ本の、‘留守番は楽しいことだと思わせましょう。’という

論理に基づき、ガムを置き、おやつをコングに詰めて…

日によって波はあったが、外にまで聞こえる大きな遠吠えは

90分位鳴き続けていたものが、1~2分になる位まで、

落ち着いてきたのだった。

それで留守番克服!と、勝手に判断し、4月の仕事開始を待たずに

3月から8~9時間/日、家を空ける仕事を始めた。

4月からの本業が始まると、10~13時間/日、留守番をさせる事が

当たり前になっていた。我が家は2人暮らしだが、おやじは、

仕事が忙しく、私より先に帰るなんて事は、先ず無かった。

しかし、しゅんは留守番に慣れてくれた!のだ。

…が夏が近づくにつれ、イタグレの習性が顕わになってくるのを

感じ始める。寒い時期は、冬眠したように寝ている時間が長いと

いう事を知らなかっただけなのである…

                       ~第三章へ~

2006_01160135 「置いてきぼりにしないでね!」

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ←一押しお願いイタシマス。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年4月12日 (土)

祝!! 初一眼レフ~

昨日は、いつものドッグランがお休みの為

‘柏の葉ドッグラン’へhappy01

午後から晴れたしsun、今日こそEOS kiss X2の出番かheart02

なんせ初めて一眼レフを触ったという、カメラに申し訳ない程の

超初心者coldsweats01

しかも走りの早いイタグレを、きれいに撮りたいという難題sweat01

いつになったら、皆さんのような素敵な写真が撮れる様に

なるのやら…

望遠レンズを覗いて、クラクラしているようでは望み薄!ですがgawk

お見苦しいですが駄作の一部です。

Img_0040_3

ひとりボールを楽しむふくるnote 一方しゅんは…

Img_0050_2

ここは牧場?!まるっきりtaurus… でも気が向くと~

Img_0062_2

なぜか怒りながらpout、走ったりする。

いずれにせよ、もっともっと腕を上げなければupwardright

カメラが泣いているsweat02

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへひと押しお願いイタシマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

しゅんの今まで(去勢編)

避妊・去勢をすると生殖器系の疾患を防げると

聞いてはいたが、特に決めていたわけではなかった。

だが初めて病院にかかった時から、

「一個、降りてきてないねぇ。

もう4ヶ月だし、今後も降りてくる可能性は薄いかもよ。」と

『停留睾丸』を指摘されたのだったsad

案の定、その後も降りてくること無く、7ヶ月で去勢することへ。

一般的にサイトハウンドは麻酔のリスクが高いと

耳にしたこともあったがオペ前に検査もするし

大丈夫だろうと、特に心配もなかった。

アレルギーになる前のしゅんは、病院は優しいお姉さんや

他のわんこのいる楽しい場所と勝手に勘違いしていた為

ルンルン気分noteで奥に引き取られて行った。

「夕方頃、麻酔が覚めたらお電話します。」とのことなので

なんだか拍子抜けしながら、家に戻りのんびりしていたら…

14時ごろに病院から電話が!!

「なにかあった?」と不安になりつつ受話器を取ると

後ろのほうで、けたたましく「うわあぁ~ん うわ~ん」と

聞き覚えのある声がする…

「手術は、問題なく終わったんですが、麻酔が

まだ半覚醒なのに、落ち着かずひどい状況なので

すぐ引き取りに来てもらえませんか?」とsweat01

おとぼけしゅんよ…こういう手で問題を起こしてくれたかcoldsweats02

慌てて病院に行くと、ゲージで鼻の頭を擦りむき

パニック状態のしゅんにご対面。

「半覚醒ですからね。くれぐれも安静に!!」と言われ

帰途へ着いた。そりゃそうだよね。お昼休みにオペするって

いってたのだから、まだ1時間も経ってないはず。

それ以来、しゅんは診察券なしで、顔パスでカルテが

出てしまうくらい病院では有名犬(良い意味ではなく!)に

なったのだった。

経過的には、1週間後に抜糸し全く問題なかったcoldsweats01

2006_02020123 こんなことになるなんて~(泣)

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ← 一押しお願いイタシマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

水難の相が出ております。

昨日も大雨の中rain、ドッグランでボール遊びに興じたふくる。

午前中の仕事を終え、慌ててゼブラdogに向かったもののわずかに

間に合わなかった…到着寸前にポツポツと雨が~

そしてリードから離れたときには、大粒の雨…

案の定、しゅんは、やる気ゼロでログハウスhouseに避難。

やれやれ…despairと振り返ると

土砂降りの中、おやじと一緒にボールをしているふくるが~eye

そこまでボール好きだったとは…

あまりの雨で、車に傘を取りにも行けず

ビーチパラソル!をお借りして、黙々とボールする

おやじの姿も笑えたがsmile(写真撮っておけばよかった。)

さらに今日も、早朝から散歩に連れ出され

びしょぬれのふくるdown

あまりの豪雨っぷりに、玄関出た途端、中に戻ろうと踵を

返していたが…むりやり参加crying

しゅんは、レインコート着ただけで歩かないので、

雨の日は、いつもスリングに入り見学のみ。

それでも帰ってくると、頭が濡れたと大騒ぎ~

ダックス用のあやしいペンギンpenguinのフードがついた

レインコートも新調してあげたいものだけど

イタグレ用のレインコートって見たことないなぁ。

雨の日、イタグレさん達は、どうしているんだろうthink

2007_08070143 「雨は嫌いです!(怒)」のふくる」。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

しゅんの今まで(激突編)

これは、しゅんが初めて、ドッグランに行ったときの話…

5ヶ月で、やっと近くのドッグランデビューheart02

勝手がわからず、人間のほうがドキドキしていた気がする。

周りの方から「大丈夫よ~!」等と言われ、その気になっていたcoldsweats01

そのうち、しゅんも同じ年くらいのコーギーちゃんと、走り出して

楽しそうに飛び跳ねて遊んでいた…その瞬間…

『うあ゛ぁーーーーー!!』

とても犬のものとは思えない雄叫びが…

何事だ?いくらお子様とはいえイタグレ。走りに余裕が出て

後ろを時々振り返りながら、走っていたのだ。

そして前方の木に、思いっきり激突annoy

あまりの叫び声の大きさに、みなさん注目gawk

左眼から木に突っ込んだらしく、しばらく左眼は閉じたままで

まだ叫んでいる。

そのまま、休日診療の病院に直行!(不幸にも日曜だった…)

運よく、角膜の軽い損傷だけで済んだ為、点眼と内服で1週間ほどで

軽快したnote

それ以降、こんなお間抜けな事件を起こしたしゅんには

油断することなく監視の目を光らせるようにしているのであった。

2006_12020029_2楽しければ、いいんだもん!」

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

被写体故障!!

これは4月3日の話…

午前中、仕事を終えて天気も良いしsun

一眼レフ持っていざドッグラン~happy01

…と2人+2ワンで向かっていると、途中から雲行きも怪しくなり

ついには雨がポツリポツリ…

ついてないなぁと思いつつも、カメラはあきらめて遊んでいたdog

…が途中から急にお天気回復!

車にカメラを取りに戻り、いざ撮影heart04

…と思いきや、突然ふくる嘔吐down(立て続けに4回も)

しばらく休ませようと、ベンチで抱っこしていると

いつもなら遊びたくて暴れだすのに、どんどんグッタリとしてくる。

様子見る為に下ろしてみるが肩をガックリ落とし

トボトボ歩き始める。

何かおかしい!!

もうちょっと休ませようと再び、抱っこして過ごすが

回復してくる気配を感じられずwobbly

もう一度、下ろすと何と、ふらつきひどくまっすぐ歩けない!!

体は熱くない。脈圧もある。瞳孔も左右差なさそう。

さっき水も飲んでたし…

いつもワンコのことになると、冷静さを全く失ってしまう私…

犬って血圧測れるの?頻脈っていくつから?

あ゛ぁ~もうわからん!丈夫なだけが取り柄のふくるがなぜ?

ふらつきひどいし、脳からきてるものだったら大変!!

とりあえず病院へhospital

よく考えたら、午前中にふくるは、5回くらい軟便があったって

やじおが言ってたっけ…(それはたぶん冬に痩せ過ぎた分を

取り戻す為、ご飯の量を増やしすぎたせいなんだけど。

下痢ではなく、超元気だから、ドッグランに行った訳で…)

先生に経過を話しながら、ようやく状況が

整理出来るように…(遅い!)

「脱水じゃない?」と先生。

ごもっともですflair

しゅんも下痢の際、半年前に行った50ccの点滴を皮下注。

何回見ても、この皮下注は仰天eyeしてしまう。

人間様だったら完全にもれてる訳だしねぇ。気持ち悪いだろうなぁ。

吸収されるまでラクダの出来上がり~

以前、薬剤がしゅんは首側にまわってタプタプしていたが

ふくるは肩に下りてきて、ぶにょぶにょcoldsweats01

今日になって、やっと完全復活のふくるでした。

バカなかぁちゃんで、ゴメンよ。ふくる!

そして無理やりドッグランから撤退させられたしゅんもね!

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

しゅんの今まで(血便編)

今日はしゅんの我が家に来たころの様子を書きます。

2006年1月9日に生まれ故郷の群馬から我が家へrvcar

私にとっても、やじおも、しゅんは初めての自分のワンコhappy02

おまけにお互い短毛種は初めてで犬といえば冬大好きと思っていた

…が目の前のひょろりとしたおチビさんは、ブルブルぶるぶる~snow

慌ててペットヒーターやら、ふかふかベットを買い揃えるcoldsweats01

しゅんを迎える前に、今と昔の犬に関するしつけも情報も

違うだろうと『愛玩動物飼養管理士』も取ってみたが…

あくまでも知識のひとつであって、実践にはいまひとつ…

まぁつまりイタリアングレーハウンドというワンコに対しては

全くの勉強不足だったのだcoldsweats02

さらに子犬といえば、元気ハツラツ!!が当たり前だと思っていたが

うちに来て2~3回目のうんPから、なにやら鮮血が混じるようにshock

黒色じゃないし、肛門周囲からの出血だろうとは思うが

なんせ4ヶ月のワンコ…。人とは訳が違う。

翌日慌てて病院に行ったが、その後、血便は1週間程度で治まるが

便の状態はなかなか改善せず、軟便~下痢便を

5~8回/日繰り返してたっけ…

今まで兄弟やら、他犬種の子ワンコと遊んで過ごしてたんだもんね。

いきなり一人になって相当なストレスだったんだろうねcrying

さらに私まで、便に過敏になってたから余計なストレスを

与えていたんだろうなぁ。あの頃のしゅん。改めてごめんよ~

2006_01160142_3 4ヶ月の頃。「もう降参です!」の図

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »